北 信 州 の 森 の 中 で   

iizunadais.exblog.jp

真冬の野尻湖

全面結氷した大座法師池を過ぎると、進行方向左手の樹間に北アルプスが、続いて戸隠が見え始めます。
f0026274_19183242.jpg


白くごつごつとした岩肌が見られるのはこんな時期だけ。やっぱり美しい!とワクワク♪(ピンボケご容赦)
f0026274_15060614.jpg


戸隠奥社の駐車場は初詣の車で満車でした。
f0026274_16444503.jpg


黒姫へ抜けて…。そろそろどこかでひと休みしたくなりました。が、「カフェ らんぷ屋」さんは冬季休業中。
f0026274_21033255.jpg
















野尻湖に到着。ワカサギ釣りの屋形船が数艘停泊するくらいで湖面は静か。
f0026274_18044199.jpg


野尻湖が位置する信濃町は、飯綱町と比較すると積雪が多いだけに、「国際村」に滞在するひとも少なく…。
f0026274_19411262.jpg

土管の煙突で、ヴォ―リーズ設計の建物とすぐにわかる。
f0026274_19314534.jpg


こんなわけで、えっちらおっちらわがC号は雪の中を進んでいくのでありました。…つづく。

*用件が立て込んでどたばたしております。
更新がいつにもまして間遠になること、おゆるしを<(_ _)>


















# by aki_ko_ko | 2019-01-04 23:50 | Trackback | Comments(0)

ひさびさの安定した晴天⇒こんな日はドライブでしょ♪

飯綱高原スキー場のたもとに“あった”「ホテル・アルカディア」。

f0026274_11590932.jpg
楽天トラベルさんから拝借しました


40年ちかく昔、飯綱高原を歩き回っていた頃、偶然見つけました。
リゾートホテルらしい解放感ときちんと感を兼ね備えて好ましかったし、
レストランで供されたボリュームたっぷりなサーモンステーキも美味しかった。

その後何度かお茶しに来て、20年ほど前、家を建てる打ち合わせの際に1泊したのですが、
トイレは清掃されていない、ディナーのお皿はラップを被ったまま…。
ホテルの変質を感じましたが、慌ただしい旅だったのでクレーム一言でチェックアウトした記憶が。

それでも、志賀高原から浅間まで見渡せるレストランの存在は魅力で、息子の小中学時代は、
スキー教室に彼を預けて店に入り、おとなたちはケーキを食べコーヒーを飲みながら
雑談に興じましたっけ。

7-8年前に左側の建物(最初の画像)が取り壊され、更地に。
眺望のいいレストランは減築された場所にあったはず…。


浅間もまぢかに。(ピンぼけご容赦)
f0026274_21343873.jpg

外観も(経営母体も?)すっかり変わり、現在は「信州天空resort ARCADIA~ふたつとない景色~」
との宿名で営業していますが、生まれ変わって以降は足を運んでいません。
新しいホテルのウェブサイトを見るとレストランに眺望はなさそう。


何よりさっき家でコーヒー飲んできたばかり。
ウサギやキツネの足跡をひとしきり眺めて、戸隠に向かいました。
f0026274_14073794.jpg















# by aki_ko_ko | 2019-01-04 23:30 | Trackback | Comments(0)

例のグラニー・スミス~キッチンが空いた時にジャム作り

いちおう主婦をしている(つもりの)私ですが、季節のイベント料理の際、主役は夫。
私は皿洗いなどの裏方に徹します。

そうなると少しはキッチンに立って何かつくりたくなるもので、ガスコンロが空くいとまを見つけて
ジャムを煮ました。
11月に購入、1個だけジャムを作って後は冷蔵庫に入れっぱなしにしていたグラニー・スミスを
もってきたのです。
りんご特有の保存性のよさからか、姿カタチは購入時と変わっていない気がする…。;
f0026274_17101588.jpg

水分の少ない固めの果肉を私にしては薄くカットし、グラニュー糖をふりかけてしばらく置き、
果肉から水分が出てきたらシナモン振りかけてガスに掛けます。皮も剥いてない。

レンジでずぼらに煮る手もあったのですが、今日のところは鍋を使って。水分が少ないので目が離せないし。
お隣は夫が塩して味をなじませ中のブリのカマ。
f0026274_16553270.jpg

ケイパーの空き瓶を消毒し、りんご2個分をみっちり詰め、抜気してできあがり。肉眼ではもう少し
緑がかっています。
f0026274_18492688.jpg

ブリカマは晩に赤ワインのお供になりました。
f0026274_09102271.jpg

今年はツルヤでひさびさに馬刺しを発見。脂が少ない赤身で夫にはイマイチ物足りなかったようですが、
信州にルーツのない夫にとって、故郷・熊本との共通の食べ物がこの馬刺しです。

私も信州に親戚はいないけれど、今では第二の故郷といえるかな。

f0026274_18332597.jpg















# by aki_ko_ko | 2019-01-01 23:58 | Trackback | Comments(2)

寝坊助どものブランチおせち

大晦日はTVがついており、「第九」を「紅白」のチャンネルに換えたのは息子でした。

DA PUMPというバンドが登場してビックリ。
何のTVCFだったか、ダンスしながら歌っているお元気そうなシニアに見えた方は、
40歳と私より二回り以上お若い方。ひゃー。そうだったの?
1980年代から10年あまり音楽系の記者をしていたのに、すっかり最近のヒット曲から取り残された。

それはともかく、グループばかりが出るのね。“ひとり”で勝負する歌い手の少ないこと…。
ため息ついていたら、ユーミンが登場。
懐かしい歌に聞きほれ、飲みつつ、語りあいつつ、大晦日の夜は更けていきました。

***

わが家では、おせちは夫と息子の担当です。
黒豆や栗きんとん、紅白かまぼこなどは購入しますが、紅白なますとお煮しめ、
田作りとお雑煮は夫が、チキンローフは息子がつくります。それぞれ大晦日の晩には
ほぼ仕上がっていたようですが…。

f0026274_10084727.jpg

元旦の朝、皆の顔が揃ったのは10時。重箱に詰めるのはその後だったため、
正午に乾杯!となりました。

f0026274_10574411.jpg
f0026274_09350966.jpg
f0026274_11220223.jpg
f0026274_11145830.jpg
f0026274_11041276.jpg

ま、私の他はみんなふだんとても忙しいのだから良しとしましょう。











# by aki_ko_ko | 2019-01-01 23:32 | Trackback | Comments(0)

あけましておめでとうございます。2地域居住(?)20年目を迎えた山の家から

先日は大雪警報が出ていましたが、飯綱町は例年それほど積もることはありません。
それでも、到着時に駐車のための雪かきは必要でしたし、明け方には除雪車が
同じ道を何度も往復していました。

晴天日が続く関東のお正月をよそに、私たちと言えば、家を建てた1999年以降、
毎年のようにこの地でお正月を迎えています。

元旦の朝、ご近所をひと回り。
妙高も黒姫も進行方向に見えているのに、スマフォのカメラ(と私の腕)では、あらら残念。

f0026274_18123047.jpg

もう20年目になるんだな。

どなただったか、「王さまも下男もみんな自分でやるのが一般人のセカンドハウス」
なんて言っている方がいました。
たしかにそのとおり。でも、家事でも読書でも仕事でも、ここでは何かがちがうんだなあ。

とはいえ雪の時季の行き来と滞在。
土地探しをしている時に泊まったホテルのスタッフからは、
「雪の時期にはおいでにならない方が…」なんてアドバイスをもらったことも。

ざっと思い出しても手間ひまかかるのはご想像のとおりです。

・車=スタッドレスへの交換
・雪道を移動するリスク
・凍結防止のための水道管の水抜き/通水作業
・駐車スペース確保のための除雪作業 ※屋根は自然落下のため除雪は不要
・到着後に家を暖める

いやはや…(死語? *´艸`)とは思います。

息子のスキー教室がとうの昔に終わった今、わざわざこれだけの手間ひまかけて
雪山の家に集まる理由は何だろう。
答えは簡単です。
“家族が毎年行くのを楽しみにしているから”。
誰かが「そろそろ止めよう」と言わない限り、この習慣は続くのでしょう。

日記のように頻繁に書きとめることはできませんが、どうぞこれからもよろしくお願いいたします。













# by aki_ko_ko | 2019-01-01 18:28 | Trackback | Comments(0)

大晦日だけど Happy new year?

クリスマス、お正月とイベントが続く中、慌ただしく?大晦日にうまれた夫。
山で開くお誕生会では、ここのところ、町内の洋菓子店(和菓子屋さんでもある)
「明月堂」さんのケーキがテーブルに登場しています。

めいめい好きなケーキを購入することが多かったけれど、
ショーウィンドーをのぞけば、おお、ちいさめのホールケーキが!

新年を祝うケーキでしたが、還暦を迎える夫のお祝いも兼ねちゃおう*


f0026274_19350517.jpg



ふだんショートケーキをいただくことはあまりないのですが、明月堂さんのシフォンの柔らかさと
生クリームのくちどけのよさは別格です。
マダムはスイスで修業された方。エンガーディナーなどの焼き菓子にその片鱗を感じますが、
ショーケースに並ぶケーキは親しみやすいものばかり。



f0026274_19323606.jpg


今回は母が風邪気味と山行きを辞退したため、3人家族+1人=4分割で楽ちん、とカットした息子、
ケーキが崩れそうになってちょっと焦ってた。

明月堂さん、以前にも書きましたが、明治創業のもともとは和菓子屋さん。
花びら餅やどら焼きも求めました。


f0026274_21183179.jpg

愛くるしいウリ坊の最中。
f0026274_15525664.jpg











# by aki_ko_ko | 2018-12-31 23:50 | Trackback | Comments(0)

イノシシなし?



ごめんねイノシシくん。
わがやにはきみのオキモノがなかったので、
今回、干支を飾るのはパス。


獅子つながりで、このこじゃダメかな?
f0026274_12135718.jpg


イノシシがまちなかを走り回るニュースをよく見た1年した。
数年前の3月、私も箱根をドライブ中に見たなあ。
仙石原から芦ノ湖へ向かう途中、公道に近い別荘地を2頭の大きなイノシシが
仲良く走り回っているところを。

一瞬でしたが、ほんの数10m先にはTBSの保養所やらホテルが立ち並び、
ちょうど春休みの時期でたくさんの人びとが歩いていました。

その後、ニュースにならなかったのはイノシシと人の不幸な遭遇がなかったから。
双方の気づかぬところでニアミスは数多く起こっているのでしょう。

イノシシ、シカともに“食害”による農業被害も大きな問題になっていますね。
日本を覆う“いのしか”問題。
彼ら、あちこちで狩られてジビエとしてレトルトカレーになったりフレンチになっているけれど、
彼らと私たちの関係、これからどうなっていくのだろうか。

f0026274_12102980.jpg














# by aki_ko_ko | 2018-12-31 21:53 | Trackback | Comments(0)