北 信 州 の 森 の 中 で   

iizunadais.exblog.jp

野辺山で見つけた“カイト”

山小舎ゆきの道中、南牧村から海ノ口にかけてのレタス畑で何度か見かけた“…。
鋭く風を切って飛んだり急降下する姿はまるで本物!

もちろん、本物ではありません。
支柱にピアノ線か何かで繋げられ、風に反応して動くのです。
若い葉をついばみに来る鳥たちを追い払う目的で設置されている空飛ぶカカシ”でした。


f0026274_19240439.jpg



飯綱町のD.I.Y.店で同じもの見つけた!『鳥追い カイト鷹』ですって。
f0026274_09264685.jpg


amazonでも似たものを発見。
f0026274_19432209.jpg
画像はamazonより拝借。




鷹型のほかに、フクロウ型など、色もカタチもさまざまタイプが揃っていました。
口コミによると、効果のある鳥と、そうでない鳥があるのだそう。時どき別のタイプに
付け替えると効果的、という投稿も…。鳥も、学習能力がありますからね。

飯綱町ではまだ見たことがないけれど、これから増えていくのかな。
木洩れ日重視のわが庭では、ハーブや蕗、野生のベリーくらいの収獲しかなく、
鳥にも狙われませんから、この手のものは不要です。

それよりも、これがすごい…。千葉・栃木県ですでに稼働中という獣害への対抗策
『スーパーモンスターウルフ』。

知らずに畑の近くを通ったら、異様な唸り声に、何事かとおののいてしまいそう…。
それほどまでに獣害が深刻化しているということなんですね。





こちらでも、電気 普通に見かけますが、ここまで積極的に対抗しなくてはいけないとは…。










[PR]
# by aki_ko_ko | 2018-07-17 23:56 | Trackback | Comments(0)

ありがとー!

左下肢の痛み、何かの拍子に出ることはあるけれど、ブロック注射の効果もあって、
歩くことに支障はなくなった。

けれど、階段の昇り降りがちょっと怖い…なんてぶつぶつ言っていたら…。

夫が薪づくりの合間に、手すりをこしらえてくれていた。


f0026274_20170415.jpg


母も控えめに喜んでいた。齢90にして、文句も言わず、手すりにほぼ頼らずに
階段を使っているのだもの。
本当は大変だったのかなと思う。

ただ感謝あるのみです(^.^)





[PR]
# by aki_ko_ko | 2018-07-16 23:02 | Trackback | Comments(0)

セミの羽化が始まりました

夜の9時過ぎ、デッキでビールを飲んでいたところ、赤松の細く突き出た枝のたもとに
うす-い緑色の物体、発見。

f0026274_15471483.jpg
エゾゼミです。各地で絶滅危惧種に指定されているとか。
スマフォと私の腕前ゆえボンヤリ画像でごめんなさい。




エゾゼミは、羽根が透き通った大型のセミです。
幼虫は、3年から5年も土の中にいるとか。

からだの大きさに比例して、鳴き声はなかなかに大きく、彼らが集団でジリジリと鳴くと、
鳥たちはいっせいにさえずりを止めるほど。
とは言っても、先日のクワガタ同様、鳥たちのエサ候補ではあります。スズメバチにも、
彼らを好む種がいるそう。







翌朝、赤松を見ると、抜け殻だけが残っていました。どこかに行ったのね。
数週間の寿命なのに、なぜかこの日一日、鳴き声は聞こえなかった…。

気になったので調べてみると、セミが鳴き始めるまで羽化から数日後を必要とするとか。
私ひとり焦ってもしようがないね。妙にほっとしたのでした。










[PR]
# by aki_ko_ko | 2018-07-15 23:50 | Trackback | Comments(0)

来れて、よかった。

清里に、クワガタ。
順番が変てこな日記になりましたが、はい、肝心のわが山小屋へ来ております。

アンズ、ブルーベリー、スモモ。
直売所でよいものが手に入ったので、早速ジャム作りです。アンズは収穫期ラストに
間に合った!



f0026274_13180399.jpg
ただいま抜気中。







[PR]
# by aki_ko_ko | 2018-07-15 23:23 | Trackback | Comments(0)

昨日コクワガタ、今日ミヤマクワガタ…

今回は、いつになくクワガタとの出会いがありました。


f0026274_14292009.jpg
コクワガタ



次の日の夕方、母と散歩に出かけようとすると、駐車スペースの石の上に見たことのない
クワガタが。

「おーい、珍しいクワガタがいるよ~」。
家の中に向かって叫んだのですが、休み中もPCを持ち込んで仕事に集中しているためか
応答なし。散歩中に、息子にクワガタの画像をmailしておきました。


f0026274_13481825.jpg
メタリックできれいでした。ピンボケご容赦
6本の足のうちどれかが不自由なのか、ちょっとよろよろとした歩きぶりでした。(思わず自分を重ねる)




散歩も終盤に近づいたころ、息子がひょっこり現れ、「どこ?ミヤマクワガタ」と…。
先回りしておいかけてきたようです。

ミヤマクワガタっていうんだ、へえ~。

急いで戻ったのですが、クワガタはキツツキなどの好物とのこと、いつまでも石の上で
ぐずぐすしているずはなく、姿はありませんでした。

*****

20年ちかく前の梅雨時、出張先の那須高原で見つけたノコギリクワガタ。
同行した同僚がマッチ箱に入れ、お子さんに、と渡してくれたのを持ち帰り…。

クワちゃんと名付け、8月の北海道旅行にも連れていきました。
ホテルで夜中に目を覚ました時、虫かごからかすかな音がするので見ると、夕張メロンに
熱心にかじりついていて、おかしかったなあ。

9月の秋分の日にかごの中で冷たくなっているところを見つけ、しばらく“ペットロス
になったっけ…。








[PR]
# by aki_ko_ko | 2018-07-14 23:35 | Trackback | Comments(0)

おっとっと…ソフトクリーム@清里・清泉寮

やって来ました清泉寮

というよりも、やっと来れました…が本当かも。

f0026274_21235405.jpg
この日は特に暑くて、受け取ったそばから溶けていく名物ソフトクリーム



5月の連休からしばらく経ったある日、“歩く自由突然奪われてしまったのです。

中学生の頃に腰痛が始まり、整形外科で診断された病名『椎間板ヘルニア』。
何年も続けたクラシックバレエを止めてからの発症でした。

その後半世紀ちかく折に触れて私を脅かしていたあの痛みが、突如、別の形で牙をむいた((+_+))
この病気にありがちな腰痛ではなく、重心がかかるいくつかの動作によって、
左の下肢に電撃的な痛みが走るのです。歩くのもしんどい状態に…。さまざまな予定も
あきらめざるを得ませんでした。

かかりつけの整形外科の紹介で、レントゲンとMRI画像を手に大学病院へ。院内では、
亀さん歩きの私のために、夫が車椅子を押してくれました。

現在、二度のブロック注射を経てほとんどの痛みは取れ、再び歩くことができるように
なりましたが、通院は続きます。




f0026274_18390035.jpg
聖ヨハネ保育園の子どもたちが野原を走り回っていました。富士も雲の向こうにうっすらと
軽トラは草刈りのおじさんのもの。コツコツ丁寧な仕事ぶりだったなあ



そんな二ヵ月を経ての山行き。

年齢的に、健康上の試練はこれからいろいろ増えるんだろうな。
ここへ来るために健康をきちんと維持していかなくちゃ。改めて決心したのでした。










[PR]
# by aki_ko_ko | 2018-07-13 21:40 | Trackback | Comments(0)

ふたたび「戸隠地質化石博物館」へ

そういえば、あそこ、またいきたいね。
誰ともなく言い出して、3年ぶりに「戸隠地質化石博物館」 出かけました。


f0026274_10474637.jpg
いぜん博物館があった旧・柵小学校の木造校舎。現建物は上記リンクからご覧ください。



展示品にはこんなモノたちも。一見、混沌としながらも、館内を巡るごとに
戸隠の成り立ちと動植物に興味が湧いてくる仕掛けが凝らされています。

f0026274_21531562.jpg
かつて小学校で使われていた古い什器の中にはレトロなサイダー瓶やメロンアイスのパッケージ。
“骨”も隣り合わせて。

f0026274_21500836.jpg
女性の下腹部にもでん部にも例えられるフォルムです。
セーシェル島のふたごやし(ココデメール)。



f0026274_12074628.jpg
本物のクマさん仮面もありました。



連休中のサービスとして、今日は、同館の名物学芸員・田辺氏の解説つき。

戸隠山の成り立ち、飯綱山の2度の噴火、植物や動物、恐竜の話。
軽妙・深遠、かつユーモアたっぷりの氏と、見学者:最前列に陣取った高校生男子
数名と幼稚園くらいのちびっこたちとの応酬を見るのも楽しく、1階から3階まで
グループと一緒だった私。
着信音に気がつくと、家族はとっくに外に…(^^;

先生のお話に聞きほれてしまい、画像はほぼナシ。


また来ようっと。


戸隠地質化石考古館のサイト:
























[PR]
# by aki_ko_ko | 2018-05-04 21:48 | Trackback | Comments(0)