人気ブログランキング |

北 信 州 の 森 の 中 で   

iizunadais.exblog.jp

<   2012年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

連休前半、終了。夫婦のみ帰宅へ

連休前半は今日でおしまい。

さっさと帰らねば、明日の仕事に差し支えます…なんてね。
でも今回は夫婦ともにそんな感じ。

母と息子を残して、昼には出発しました。

途中、星の王子さまパーキングエリアのレストランでランチ。
f0026274_20165513.jpg

高速道路上にあるということを一瞬わすれるレストラン内。
サービスランチは、肉・魚・パスタから1品+パン+飲みもので980円。
飲みものはチケットを受け取って外のカフェでセルフサービス。真夏と真冬はちょっと
きついもしれませんね。

渋滞もそれほど問題なく帰宅しましたが、前日に悲しい出来事に遭遇し、
気持ちは沈みがちです。
これまでに築いてきたものをすべて失うとは。

でも、ひとに被害がなくてよかった…。ほんとによかった。








by aki_ko_ko | 2012-04-30 19:57 | 日記 | Trackback | Comments(0)

飯綱町の農林産物直売所へ出かけました

今日もよく晴れ、暖かな一日。

昨夜、ツルヤでだいたいの買いものはすませたものの、
野菜はやはりここでなくちゃ!と横手直売所へ。
とはいえ、例年より寒さが厳しかった冬の後ですから、
あまり期待はできないかも…。
四季彩(しきさいと読むのでしょうね)という店名に変わっていました。

わが家を建ててくださったT製材所が制作したフクロウがお出迎え。
f0026274_19301636.jpg

買い物をする私たちを一見、睥睨する感じなのですが、
どことなく愛嬌があり、物知りながらそこはかとないユーモアをにじませる
Tさんを思い出して微笑ましくなりました。
f0026274_194223.jpg


野菜は小松菜など葉ものが多く、初めて出合った菜も。
名前は何だったかな…雪割り菜だったか…うー失念。
ソテーなどでいただき、とても美味しかったのですが、
f0026274_15583679.jpg

想像していたとおり人参やジャガイモ、玉ねぎはまだまだ店頭になし。

はい、ツルヤで購入していましたから大丈夫。
ジャガイモは鹿児島、人参は北海道、玉ねぎはどこ産だったか?
f0026274_16164488.jpg

鯛は、自宅で凍らせていたもの。
by aki_ko_ko | 2012-04-29 23:41 | 日記 | Trackback | Comments(0)

ニリンソウ群生地。ほとんど開花なし

晴れ・曇り・小雨とめまぐるしく変化する天候。

日中の気温は安定していたので、夕方ちかくになって、リゾートスキー場と
道路を隔てた「ニリンソウ園」へ足を運びました。

スキー場の下にある「水芭蕉園」は観光バスまで止まって多くのひとを
集めていたけれど、こちらは私たちだけ。

f0026274_17521145.jpg
こちらでもじゅうぶん、
水芭蕉とリュウキンカを
見ることができます。
肝心のニリンソウは
まだ数輪。

白く小さな花が満開になると
幻想的な風景に。
今年はやはり遅れ気味
だと実感した。













数kmはなれた直売所ではお浸し用に、と花ごと販売されているのを購入し、
アドバイスどおりお浸しをこしらえたことあり。
みずみずしくやわらかな葉の感触を覚えています。

とはいえ食してしまうのがもったいなくて、ほとんどをグラスに飾ってしまったっけ。


f0026274_18412466.jpg

数年まえ、野尻湖畔で見つけたニリンソウ。
by aki_ko_ko | 2012-04-29 17:49 | 日記 | Trackback | Comments(0)

美ヶ原 木々をシカが齧った跡が続く森

9連休という息子のようにはいかず、5月1日と2日は出社の私たち夫婦。
前半は、お昼前に出発を遅らせた結果、渋滞にもさほど遭わず、温かな晴天のもと、
ヴィーナスライン~車山高原を経由して八島湿原に到着。
f0026274_18372214.jpg


木道をゆっくり歩く時間はありませんでしたが、この時期の高原とは思えないほど
気温が上がり、軽装で歩くハイカーも見ました。

美ヶ原の白樺林を通過後、シカの食害の目立つ林に愕然。裸の樹皮が何キロにも
わたって続いているのです。
f0026274_18224472.jpg


日本の各地でハンターが増えすぎたシカの駆除に乗り出し、肉をジビエとして
販売したりみやげものに加工するなどしていますが、向こうも生きるために
必死なのでしょう。
f0026274_18305650.jpg


シカと人間の関係、今後どうなっていくのか、生きているうちは心にとめておくことに
しましょう。










by aki_ko_ko | 2012-04-28 21:08 | 日記 | Trackback | Comments(0)