人気ブログランキング |

北 信 州 の 森 の 中 で   

iizunadais.exblog.jp

<   2014年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

成長期の青ジソを連れてきました

ハーブの成長めざましい季節ですね。

ハーブの苗の植えつけは、自宅のある首都圏では、ゴールデンウィークあたりが
ちょうどよいのですが、5月上旬は、こちらでは、まだまだ寒い時期。

急に出発が決まった時、今くらいがちょうどよいかな、と思い立ち、慌てて自宅の
バルコニーにいた青ジソの赤ちゃんたちを車のトランクに運んだのです。


f0026274_11071668.jpg


と思ったら、山の庭でも、昨年のこぼれ種から、小指の先ほどのちっさな青ジソたちが
育ちつつありました。

夏から秋にかけての滞在に、薬味として重宝するのが、この青ジソをはじめ、パセリ、
ミツバ、スープセロリ、バジルたち。バジルなどは、ペストソース;にも変身してくれますし。

何より、スーパーまで30分近く車を飛ばす必要がないのはありがたい。

洋の東西を問わず、ハーブたちは、こちらの木漏れ日の方が好きなようで、みんなスクスク
育ちます。






by aki_ko_ko | 2014-05-31 23:53 | 日記 | Trackback | Comments(2)

長野市街は今年一番の暑さらしいけれど

早朝から、うぐいすとホトトギスのさえずり合戦。
なぜか、待ち焦がれたイカルくんの声が聞こえません。
晴れた日には、必ず一番乗りでさえずってくれるのに。

朝ごはんが終わると、庭の点検です。

緑の中に点在する小さな紫は、タチツボスミレ。
f0026274_20254985.jpg





More
by aki_ko_ko | 2014-05-31 20:09 | Trackback | Comments(0)

ミツバを食べよう!

しげり過ぎた罰(?)に?
f0026274_19445512.jpg
今晩、トマトシチューの上にパラパラかけられて、夫婦の胃袋に収まってしまうミツバ。ピンボケご容赦。


夫婦2人のやや寂しい食卓。
あと何年かしたら…。
f0026274_19395480.jpg


カメラ持ってくるの忘れた、フランスパン買うの忘れた、ミツバ乗せるの忘れたー。








by aki_ko_ko | 2014-05-31 16:49 | 日記

1カ月ぶりの山の家

明るいうちに到着できて、よかった。

ニュースによると、長野市の最高気温が30℃を超えたとか。
ここ飯綱町の標高は800mほど。高原特有の紫外線の強さはあれど、首都圏から来た身には、爽やかな風がなんと気持ちいいこと!

けれど、地元のひとには早すぎる暑さの到来らしく、「第一スーパー」に入った冷房に、「涼しいですね~!」と一息つく会話も聞こえました。

スーパーの駐車場から見る鳥居川はまだまだ新緑が眩しく、キセキレイのつがいが飛び回っていました。  
f0026274_12141183.jpg

風が吹き渡る田植えが終わったばかりの田園地帯を、どんどん登って、標高差200mを稼ぎます。
f0026274_12040561.jpg


やがて森に入り、あとはいつものルートで、到着。

鍵を開けて室内に入り、水道とガスの元栓を開けて…異変なし!
運転しづめだった夫も、私も、緊張が解けるひとときです。セカンドハウスなんか持って、要らぬ苦労ではありますが。

f0026274_12401866.jpg

1階、屋根裏、東南北すべての窓を開け放ち(西に開口部はなかった!)、しばし、ぼんやり。
標高1000メートルのこちらは、ちょっと蒸すかな、というくらい。

夜はダウンの上掛けがまだまだ必要な時期でもあります。






by aki_ko_ko | 2014-05-30 23:59 | 日記 | Trackback | Comments(0)

奈良井宿に寄りたい人約1名

神奈川の自宅は快晴。
本当は来週、6月6日から山へ行く予定が、梅雨が始まりそうな予報。

梅雨もいいけれど、予定したいろいろな作業ができなくなるのがちょっと困る。
少し考えた夫は、仕事の手配をすませ…。朝10時に出発しました。

前回からちょうど1カ月、来ていません。
私はできるだけ早く到着したいのに、彼は「奈良井宿を見たい」と。

奈良井宿は、木曽十一宿の中でも、中山道の難所・鳥居峠を控え、最もにぎわった宿場。
行政区は、塩尻市になっています。

伊那インターで降り、奈良井宿を見たい一心で森の中をガンガン走ってきた夫ですが、

f0026274_11234200.jpg

宿場へゾロゾロと向かう大勢の人びとを見て、踵を返しました。
気の毒だけど、あきらめがついたようです。

人の少ない時がいい、なんて贅沢だよ。梅雨の直前で、じゅうぶんに観光シーズンですから…。


JR中央本線・奈良井駅の木造駅舎。ここから奈良井宿まで歩いて3分です。

f0026274_11194768.jpg



真冬に来てみたくなりました。
また、今度ね、奈良井宿さん。










by aki_ko_ko | 2014-05-30 23:59

飯綱町・枝垂れ桜のある廃寺

飯綱町・袖之山エリアの小さな切通にある枝垂れ桜です。
ちょうど満開に出会えました。
f0026274_11460670.jpg
道路をはさんだ小高い場所にも1本。県の天然記念物だそう。
f0026274_14541513.jpg
枝垂れ桜のある場所はもと寺。
f0026274_11474179.jpg
現在は、公民館の分室だそうです。


廃寺とは、ちょっと寂しい気もしますが、いちおう、新しい役割を与えられているのですね。
f0026274_09573635.jpg







by aki_ko_ko | 2014-05-03 23:59 | 日記 | Trackback | Comments(0)

”桜参道”のあるご町内の寺

飯綱町には、随所に寺があります。

30年ちかくもこのあたりをウロチョロしているのに、ここには、気づかなかったなあ。

”桜参道”が教えてくれた禅宗の寺。

f0026274_11375678.jpg


周りは農家が点在する田園地帯。
f0026274_11135127.jpg


曲がりくねった参道を抜けていくと、六地蔵が現れました。
寺は、この先。小高い山を背景に、道路からかなり奥まった場所に位置しています。
あまり開放的な雰囲気ではなかったので、これ以上、先に歩みを進めることは
しませんでした。


f0026274_10124953.jpg



樹齢はどのくらいだろう。
f0026274_11075138.jpg




夫は寺の存在に以前から気づいていたそうですが、私はまったく…^^;。

googleによると、飯綱町には6つの寺があるそうですが、もっとあるような。

------------------------------------------------------------------

いつもバックデートになってしまい、申し訳ありません。
次回は、廃寺の桜をご紹介する予定です。












by aki_ko_ko | 2014-05-03 21:57 | Trackback | Comments(0)

親子丼by息子クン

冬を越した鉢植えのミツバ、わが家の10年物が、デッキの上で元気にしていました。
f0026274_17524126.jpg

早速、息子が親子丼をこしらえて、添えました。
手前の味噌汁には、いつもお箸からツルリと逃げてしまう、足長なめこが。
f0026274_20504776.jpg


当初は鉢植えだったミツバ。
こぼれ種から庭にも芽を出して、半ば野生化しています。

今の時期だけは、とても柔らかくてみずみずしいのですが、夏を過ぎることには、
たけだけしいまで巨大な葉っぱに成長。筋張ってしまい、料理には使えなくなります。

だから、口にするチャンスは、今だけ。

以前は、お正月のお雑煮に使えるかなー、と目論んでいたのですが、甘かった。
諦めました。

スーパーで売っているものは、ハウス栽培によって、あの柔らかさを保っていたのですね。








by aki_ko_ko | 2014-05-03 18:13 | 日記 | Trackback | Comments(0)

信濃町・称名寺の枝垂れ桜に再会

野尻湖から車で10分ほどにある、信濃町・柴津の称名寺へ。

角度によっては、本堂も鐘楼も、すっかり桜に隠れてしまいます。
f0026274_16564130.jpg

称名寺は、 田園地帯を望む高台にある浄土真宗本願寺派の寺です。
黒姫に山荘を置く方のブログで拝見し、昨年、初めて訪れました。
f0026274_16443322.jpg


ちょうど出ていらした住職と話すことができました。
 屈託のない方で、山から流れる水を飲ませていただき、本堂の中を拝見しました。

鐘楼には、石が下げられて います。
f0026274_16130775.jpg

参道からお寺に上る斜面には、くちべに水仙にリュウキンカ、浅葱がびっしり…。
庭の手入れをしながら、母は、住職としばし植物談義。

枝垂れ桜の他には、コブシをさらに大きくした花が咲くタムシバと、紫モクレンが
満開を迎えていました。


少し前に思わぬ場所からたくましく芽吹く”ど根性植物”が話題になりましたが、
これもそう?
本堂の基礎部分から、タラの芽が…♪
f0026274_10261188.jpg




 


by aki_ko_ko | 2014-05-02 23:59 | 日記 | Trackback | Comments(0)

おしまいの「のらぼう菜」を持参しました

カルパッチョにしたイナダの上に乗せた黄色い花は、神奈川の自宅ちかくの
直売所で購入したのらぼう菜のもの。

収穫期も終わりに近づいた4月、小さな黄色い花が咲いたのを持ってきました。

f0026274_23082796.jpg


のらぼう菜は、関東一円に栽培されるアブラナ科の冬野菜です。
甘くてクセがなく、和・洋・中、何でもOK。ただ、しおれやすく、直売所で販売されるのが
せいぜいで、スーパーなどに流通することはありません。

ウィキによると、天明・天保の大飢饉の際、人びとを飢餓から救ったとする記録が残るそうです。







by aki_ko_ko | 2014-05-02 23:58 | 日記