北 信 州 の 森 の 中 で   

iizunadais.exblog.jp

<   2015年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

母のリース

f0026274_12342944.jpg



by aki_ko_ko | 2015-01-09 12:20 | Trackback | Comments(0)

正しくは「カサミンゴー」

11月に寄った時のたっぷり感を忘れることができなくて、またまた来てしまいました。

「カーザミンゴー」って憶えていたら、看板は「カサミンゴー」。
casaはスペイン語で家、mingoは日曜日の意味だから…ふーんなるほど。


f0026274_21145038.jpg


お店の前にあるカバーから、太い薪がちらりと。
ということは、前回、室内でちらりと見えた薪ストーブは、飾りじゃなくて、現役?

f0026274_21171515.jpg


思った通りでした。
2台の大きな薪ストーブが別々のコーナーに鎮座し、あかあかと稼働中。

ほんわかした温かさは、薪ストーブのたまもの。
f0026274_21215012.jpg


薪ストーブのあるレストラン、いい雰囲気。
薪の調達は何とかなっても、火を絶やさないために薪をくべる手間など、いろいろと手がかかり、
かなり忙しいはずですが。

首都圏ではなかなか・・・。いつぞや、青山に暖炉のあるカフェができたな、と思ったら、
炭を燃やしていましたっけ。


             ストーブから少し離れた場所に、薪がごっそりと置かれていました。
f0026274_21242848.jpg

ピザに、鶏のソテーに…。こぎれいな盛り付けに慣れている身には、結構な迫力でした。
写真ではイマイチあの迫力が伝わりません…。

カフェオレのカップは、イタリアの軟陶だと思いますが、カラフルで踊るような以前の絵付けに比べると、
ずいぶん調子が優しくなったような。日本のものなのかな?
f0026274_20101733.jpg

お皿も上に載っているお料理は、アツアツでした。ピザなどは、指に軽くヤケドしたくらい!

当然かもしれませんが、うれしい心配りです。
ここ信州では、テーブルに乗った途端、加速度的にお料理が冷えていきますから…。


それにしても、「カサミンゴー」さん、いろいろな装飾で遊んでいます。
f0026274_21193565.jpg
トイレも撮ってしまった…。(*'▽')
f0026274_21260839.jpg

ドアは赤vs.白!
f0026274_21240941.jpg


今回も、満足してお店を後にしました。


















by aki_ko_ko | 2015-01-04 22:41 | 日記 | Trackback | Comments(2)

2015年元旦

ここ飯綱町は、ちょうど太平洋性気候と日本海気候が混在するところと聞いたことがあります。
例年の元旦なら、都合よく太平洋型の影響が現れ、晴天になることが多いのですが、今年はお隣り新潟の影響で
曇になりました。

雪あかりのために、室内は暗くなりません。


f0026274_17045766.jpg



母が不在の寂しい乾杯です。
今年のお重はすべて夫が詰めましたから、やや、彼の好みのまさったお重となりました。
f0026274_16534116.jpg



彼が嬉々として、別の重箱にギッシリ詰めたものはなますです。夫は酸っぱいものが大好物。
私はというと、子どものころからあの酸味が苦手で、毎年のお正月はいつも食べることを拒否して
父から叱られていましたっけ。

なますを飲み込む際にキュッと喉が痛くなって、せき込んでしまうのです。

というわけで、今回、夫がこしらえたのは、”超”酸味の勝ったなますでした。ひえー。
夫の労をねぎらって、私もせき込みながら少し頂きました。


f0026274_16450242.jpg



今日は午後から大雪警報が出ています。
現在のところ、雪降りはチラホラ程度ですが、これが積もり積もって大雪=白い魔物になるのです。

”他県人”の私たちは、外出するにしても、地元に迷惑をかけないようにしなくては。
車のスリップやスタックも、第三者を巻き込んでは迷惑どころか…。
もちろん、それは自分たちの身の安全のためでもありますが。







by aki_ko_ko | 2015-01-01 22:50 | 日記 | Trackback | Comments(0)

あけましておめでとうございます


今年もどうぞよろしくお願いいたします!

f0026274_10285491.jpg


先ほど、屋根からズドドドーン!!!と雪が落ちる音がしました。
家の中が温まってくると、屋根に積もった雪がすべり落ちるのです。

屋根は鋭角の切妻になっており、雪は自然に落ちる仕組みですが、大音響と振動に毎回驚愕しています。
いったいどのくらいの重さになるのでしょうか。何トン、いえ何10トン?
雪の落ちる場所にいたら、命を失う可能性もあります。

外に出たら、歩く場所も考えなくてはいけません。














by aki_ko_ko | 2015-01-01 17:51 | Trackback | Comments(0)