人気ブログランキング |

北 信 州 の 森 の 中 で   

iizunadais.exblog.jp

<   2015年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

赤松さん、薪に変身中




f0026274_13353674.jpg




by aki_ko_ko | 2015-06-06 23:24 | Trackback | Comments(0)

いちおうローストビーフ

仕事が忙しかった時は放置気味だったストウブの鍋の出番が増えました。
とくにビーフシチューなどはお肉がホロホロトロリとなってくれ、
私でも美味しく出来上がります。

今回、ツルヤで購入した小さな塊肉も、

1.ストウブににんにくとオリーブオイルを熱し、
2.四辺にしっかり焦げ目をつけてから数分裏表を蒸し焼きにした肉を、
3.アルミホイルを巻き、上からバスタオルで2時間ほどぐるぐる巻きにする

…ことによって、ローストビーフの体をなしてくれました。



f0026274_19143781.jpg

ソースは、ストウブで肉を焼いた後の脂などに醤油・日本酒・おろし玉ねぎを
溶いたもの。

「美味しい」と言ってもらえましたわ(^^)
エリンギは信州ならではのひとパックに子だくさんのエリンギが3ファミリー分くらい
入っているもの。
アスパラは、北海道の親戚から送っていただいたものを自宅から持参しました。
夫が、お肉の上にぱらりと乗せたのは、庭でどんどん子孫を増やしている三つ葉です。






by aki_ko_ko | 2015-06-06 23:14 | 日記 | Trackback | Comments(0)

オブセ牛乳“うんま~”

ここ飯綱町から車で30分ほどにある小布施町。

江戸期には豪商・高井鴻山が小林一茶や葛飾北斎を招き、一大アートサロンを
築いたことで知られ、最近では人を呼ぶまちづくりのお手本にもされていますが、
わが家みんなが大好きなのが「オブセ牛乳」です。

低温殺菌の牛乳は、味が濃くてまろやかな甘みが感じられ、“○○の美味しい牛乳”など
はるかにしのぐ美味しさ。

1950年にこのまちに誕生して以来、町内の小中学校の給食にも出されてきたとか。
小布施の子どもたちはこの牛乳の味が当たり前と思っているかもしれませんから、
初めてよその牛乳を飲んだらどう思うかな?

町内では栗のジェラートの原料として使われていますし、長野市でもスーパーマーケットの
ツルヤで購入できます。

f0026274_21133946.jpg


パッケージの子どものイラストも昔懐かしい雰囲気で可愛いんだなあ。




by aki_ko_ko | 2015-06-06 09:50 | 日記 | Trackback | Comments(0)

あざみの花

金曜日の関越道はガラガラ。順調に来れました。

ツルヤで買い出しをすませると17時近く。
直売所「ぴーちろーどむーちゃん」には野菜はほとんどありませんでしたが、
「しぜんこうぼのぱんや きなり」のパンと、花の入ったバケツにあざみの花を発見。

きなりさんのパン大好きですし、あざみはピンクとパープルの色に魅かれて求めました。
あざみに手を触れるのはひさびさ。よく茂った葉をはさみでカットしなくてはなりませんが、
全身トゲトゲ・・・。

園芸用の手袋を嵌めておそるおそる触れましたが、手袋越しでもチクチク大変でした。

f0026274_16514354.jpg



wikipediaによると、その棘によってスコットランドを外敵から守ったとして、
同国の国花となっているとか。
f0026274_07453448.png
wikiより拝借しました。




一方、花は、頬ずりしたくなるほど、ふわふわです。


















by aki_ko_ko | 2015-06-05 23:16 | 日記 | Trackback | Comments(0)

息子作成パスタ


到着して荷物の搬入し終えると、珍しく息子が「玉ねぎときのこのパスタを作りたい」。
りがたい思し召し。早速作ってね(*^^*)



にんじんとルッコラのサラダ。はつか大根も入っているけれど、沈んでいる。
f0026274_19471551.jpg



玉ねぎと小松菜、エリンギ、ブナシメジ、にんにく…。
f0026274_20223457.jpg


夫の希望で鯵のカルパッチョ。長崎の海で穫れたものだそうですが、脂がのって美味しかった。
f0026274_20190882.jpg

富山のぼたん海老は、海老アレルギーの夫はパス。ぼたん海老さんよく肥えておいででした。
f0026274_20094413.jpg

※バックデートで7月に1度アップしましたが、下書きが残っていましたのでそちらに変更しました。









by aki_ko_ko | 2015-06-05 23:09 | 日記 | Trackback | Comments(0)