人気ブログランキング |

北 信 州 の 森 の 中 で   

iizunadais.exblog.jp

<   2018年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

今回も、星の王子さまPAで晩ごはん

水抜きをして、帰路につきました。
帰りのルートは上信越道⇒関越道⇒圏央道⇒東名を使用。
距離と高速代はそれなりに出るけれど、東名のインターから10分のわが家にとって、
これが一番合理的なルート。

東名が混んでいる時は使えませんが、この連休はそれほどの渋滞もなかったため、
このルートを使いました。

関越自動車道 寄居(よりい) あたりで17時を過ぎ、星の王子さまPAで晩ごはんをとることに。
おお、もうツリーが♪

f0026274_17160675.jpg



夫は『豚ロースのソテー』、私は『真鯛のポワレ』だったかな。
パンも、付け合わせのごぼうの素揚げもおいしかった。こうしたメニューが頂けるPAは貴重です。
f0026274_18225016.jpg


このPA、なんだかんだでけっこう寄っている。
こちらや圏央道の狭山PA、付近は農業地帯。時どき、付近の養鶏場やたい肥のにおいが
漂ってくることがあり、注意喚起の看板が立てかけられていることがありますが、
真鯛はともかく、地産地消をうたっているのだから、特に気にしたことはないなあ。








by aki_ko_ko | 2018-11-25 23:03 | Trackback | Comments(0)

たわわに実ってます。そして、初のグラニー・スミス

ここ飯綱町はりんご栽培が盛んなエリア。
和りんご以外に英国の料理用りんごも10種が栽培され、毎年秋には「英国りんごフェア」として、
「ブラムリ―」「メイポール」「グラニー・スミス」などの品種がお菓子屋さんやレストランの食材となって
メニューを彩り、英国人パティシエを招いての料理教室も開かれます。

これらのりんごたちは、30年近く前に英国王立園芸協会から寄贈されたものがもとになっているそう。
そういえば、1990年代前半、現・アップルミュージアムのそばの施設に泊まった際、さまざまな品種の
英国りんごの若木の並木道を見たことがあり、木のそばに“英国から寄贈”との立て札を見たっけ。


f0026274_18081957.jpg
産地直売所・さんちゃんに隣接するりんご畑。


産地直売所・さんちゃんで、英国りんごの1つ・グラニー・スミスをゲット。
19世紀後半にオーストラリアで生み出された品種で、その後英国に渡り、アメリカでは1970年代に
栽培が始まったとか。

いつも英国りんごフェアでジャムやアップルパイを買うばかりだった私も、今回はこのりんごで
ジャムを作ろうと決心。



f0026274_18432881.jpg

“青りんご”というか黄緑色のグラニー・スミス…画像はwikiから拝借しました。





生でかじってみると、甘さは薄く、そっけないほどの風味。
かすかな苦みを感じるけれど、すっきり&さっぱりしてこのままでもいける。

写真は撮りませんでしたが、ジャム成功!
煮ると甘くなるため、キャラメリゼしてタルト・タタンにも使われるんですって。
和りんごの優しい甘さとは異なり、重厚な風味が現れるのがおもしろかったです。
来年も買おうっと。










by aki_ko_ko | 2018-11-24 23:59 | Trackback | Comments(0)

冬の始まり

降雪があるとの予報が出ていたけれど、前夜わずかに雨が降っただけ。
朝7時頃には冬の始まりの弱々しくも眩しい朝日が差し込んできました。
かと思うとどこからともなく霧が出て…。

目まぐるしく変わるお天気ですが、この日はわが家を建ててくださったログビルダー、
Tさんの事務所にお邪魔する日。

今後の家のメンテをはじめ、よもやま話に花が咲きましたが…。
奥さまのお母さまが作られたという大根のお漬物に、直売所でも手に入らない新鮮極まりないりんご、
そして奥さまのハンドメイド干し柿…まるで頂き物をしに行ったかのようで激しく恐縮。

おいとましてから、買いものがてら野尻湖あたりを少しドライブしました。
妙高は雪雲がかかって姿が見えません。
f0026274_22415994.jpg


買いものをした信濃町の第一スーパーの入り口にはお正月飾りの品物がずらり。
f0026274_11145552.jpg

まちの広場ではお正月のどんど焼きの準備がすでに整い・・・
f0026274_17394452.jpg

野尻湖では船着き場ちかくに大きな除雪車もスタンバイしていました(例年のことだけどね)。
f0026274_19453345.jpg



引き返す道には深い霧が立ち込めはじめ、小雪になった・・・
こうして冬が来るんだな。
f0026274_11551498.jpg




と思ったら翌朝は気温が上がってピーカンに。枝には雪がパウダーをはたいたかのように付着して
キラキラ輝いていましたが、じきに溶けました。
f0026274_15481084.jpg


追記:私たちが帰った後もしばらく例年より高い気温が続いたようです。












by aki_ko_ko | 2018-11-24 23:30 | Trackback | Comments(0)

ひさしぶりに来れました~

9月は九州行き、10月は風邪っぴきと整形(外科の方ですよ)通い…

なかなか叶わなかった山行きですが、ようやく3泊できることになりました。
夫が休みを取ってくれて平日に出発したため、休憩を挟んでも4時間弱で到着。
黄(紅)葉がピークの市街地や田園を通過し、ツルヤで買い出しをし、
冬枯れの山に着いたのはまだ明るさが残る16時過ぎでした。

室内の温度は4℃。例によってファンヒにーターと薪ストーブをがんがん炊いて部屋を暖め、
晩ごはんは鍋に。

f0026274_17573399.jpg
安価なロゼに氷を入れて(^_-)-☆
f0026274_19223262.jpg

さすがに長野、スーパーで手に入れた舞茸とはいえ、歯触りはシャキシャキ、そしてあの芳香が♡
f0026274_17575630.jpg

愛媛産の真鯛も養殖だったけれど、モチモチコリッと美味でした♪
f0026274_17565799.jpg



ポカポカしてきましたが、冬ほどではないにしろここのところの寒さで家の中は冷えきっていました。
ログハウスならではの温かさを実感するのは、翌日以降かな。



by aki_ko_ko | 2018-11-22 23:50 | Trackback | Comments(0)