北 信 州 の 森 の 中 で   

iizunadais.exblog.jp

<   2019年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

からだの痛みは心の傷み?

f0026274_16195359.jpg
今年の5月下旬に出かけた音楽会。1年数か月も音楽を聴きに行かなかったなんて、
30代以降初めてだった。


中学校2年の時に「椎間板ヘルニア」と診断された。
腰が痛いの、と打ち明けた友人に、おばあさんみたい、と笑われたショックに、長いあいだ封印してきた『腰痛』の2文字。

以来、年に数回、“ぎっくり腰”のような症状が出ると、会社を休み、整形外科の投薬など対処療法で痛みと共存してきた。

左の股関節付近に異変が起こるようになったのは、昨年のゴールデンウィークあたりから。
重心がかかるなど、何かの拍子に電撃痛が走る。痛みはすぐに止むが、交差点を横断中にコレが起きたのは怖かった。

5月半ば、友人が予約してくれた日本橋のオシャレなディナーをキャンセルした数日後に、かかりつけ医の紹介状とともに
大学病院を受診。
レントゲンにMRI、検査の結果はシロ。軟骨のすり減りは年齢より少なく、股関節の異常も脊椎管の狭窄もなし。椎間板も
現在は痛みが出るほどではない、と…。
そんなことない、痛いんだから。とくに階段の昇降がダメで、階段は脅威の象徴に見えた。

4回のブロック注射は時どき起きていた軽い腰痛には効果があったけれど、股関節の激痛には関係ナシ。
セレコックス⇒リリカ⇒トラマール⇒サインバルタと処方された薬も、後者の2つは副作用がきつくて続かず。
つらさを思い知ったのは、9月、九州への途上の倉敷で、思い出の店を探していた際に立て続けに起きた激痛(-.-)
“進退窮す”に思わず涙が…。
友人とのランチはご近所の二子玉川に限定され、音楽会も映画も美術館も行けないまま、無味乾燥な秋が過ぎていった。

年末からは、少しだけ続けている仕事も本数を減らして納期をゆったりとるようにして、外出時はヒールに代えて
Nike airを履き、リハビリに専念することにしました。

***

変化が起きたのは、4月頃から。
じょじょに痛みの頻度が減り、かつての“出べそ”な日々が戻ってきています。
f0026274_15375712.jpg
うれしかった!自力で行けた6月の岩波ホール。



あの痛みは、もしかして心因性or神経伝達物質の悪戯。。。?
ここ数年は、ストレスのなさすぎる生活を送ってきたと思っていたのに。
ナゾは残りますが、今わかっていることは、長年の座業によって硬くなった筋肉だけは、鍛えておかないと。
(by 担当の理学療法士さん)ということだけ。ましてや、あれから1年、加齢したしね~(^◇^)

このかん、家族のおかげで、山行きは続き、夏は数週間滞在させてもらい、山では階段の昇降が少しはできたことは
不思議だった。山でも痛みはあったけれど、頻繁というほどではなかったな…。
“転地療法”ということだったのかしらん。



身勝手な忘備録。ぐだぐだごめんなさい。


f0026274_16441637.jpg
野尻湖と妙高山(と息子)。









by aki_ko_ko | 2019-06-16 14:31 | Trackback | Comments(0)

雨の中、山(の家)へ

大雨の予報を聞いて行くかどうか迷ったけれど、山の家では内外の仕事がいろいろあり、
しのつく雨の中、高速飛ばして山へ。

埼玉~群馬では激しい雨降り、ここ佐久平P.A.あたりでは曇り空。

f0026274_20283370.jpg
この地のグルメの象徴・佐久鯉のブロンズ像。




f0026274_18424172.jpg
佐久平P.A.、神津牧場の牛乳を使った「ソフトクリームコーヒーゼリー」(正式名称不明)は、
ちいさな長方形にカットされたコーヒーゼリーの上にソフトクリームがぐるぐると載せられた二層式。
オトナにはコーンのソフトより食べやすい♪後口が爽やかでおいしかった。






北信州に近づくと、雲間に青空ものぞくようになりました。
日曜大工店で今年の分のパセリとバジルの苗を買い(ちょっと元気のなかったパセリ。親切なスタッフが
「今朝入荷したばかりのものが」と交換してくれた。ありがたや^^)、ツルヤで買い出しをして、
一路わが山の家へ。



















by aki_ko_ko | 2019-06-15 18:42 | Trackback | Comments(0)